バカラ(Baccarat)ゲームの流れ

      2016/07/11

ban


1.賭ける

ディーラーが「プレイス・ユア・ベット(Place Your Bet)」と言ったら、客は「プレイヤー」か「バンカー」のどちらが勝つか、ベッティングエリアに賭けます。

通常は色分けされているので、それぞれの色の場所にチップを置きます。

プレイヤーとバンカーが同数字の「タイ(Tie,引き分け)」に賭けることもできます。

つまり、バカラのベットは「プレイヤー」「バンカー」「タイ」の3通りが基本です。

この他に、代表的なオプションとして、「ペアベット」と呼ばれるものもあります。

「ペアベット」は、配られた2枚がペア(同じ数字)であることに賭けるもので、プレイヤーとバンカーのそれぞれに賭けることができます。

それぞれの配当をまとめると以下のとおりです。

 

プレイヤー… 1to1(2倍) タイ…………1to8(9倍)
パンカー…… 1to1(2倍) ぺアベット…1to11(12倍)

 

2.カードの配布

ディーラーが「ノー・モア・ベット(No more bet)」といって賭けを締めきったら、「プレイヤー」と「バンカー」に2枚ずつカードが配られます。

バカラでは、客それぞれにカードは配布しません。

プレイヤーとバンカーに配られた共通のカードの結果でプレイを楽しみます。

 

3.カードのオープン

バカラでは、必ずプレイヤー→バンカーの順番でゲームが進行するため、最初にプレイヤーのカードがオープンにされます。

このとき、2枚のカードがペアでなければ、ペアベットに賭けられていたチップは回収されます。

続いて、バンカーのカードがオープンになり、2枚のカードがペアでなければ同じようにペアベットに賭けられたチップが回収されます。

 

4.勝負

プレイヤーとバンカーのカードがオープンになった時点で、どちらかに8点か9点ができていた場合を「ナチュラル」といい、その時点で点数の高いほうが勝ちとなります。

ナチュラルが成立していない場合には、それぞれの点数の条件により、3枚目の追加カードが配られるかどうかが決まります。

この条件は、世界中のすべてのカジノで共通しています。

 

5.結果

勝ったほうに賭けていた客は、等倍の配当をもらいます。

ただし、カジノによっては、バンカーで勝った場合に配当の5%をコミッションとして徴収されることがあります。

一方、プレイヤーとバンカーの数字が同じだった場合は、タイゲーム(引き分け)になります。

この場合は、プレイヤーとバンカーに賭けていた人は賭け金がそのまま戻ってくるので、チップは増えも減りもしません。

タイに賭けていた人は8倍の配当が得られます。

 

 - ルール・賭け方・勝負のポイント ,