なぜ日本でカジノはNGなのか?そは日本人特有のマイナスイメージが影響!

      2016/06/22

casino-lau


カジノ解禁の法案が国会で審議されるなか、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに合わせた開設が可能かどうか、大きな注目が、集まる日本の力ジノ。

世界130ヵ国以上もの国々に力ジノが存在するなかで、なぜ日本はカジノを持たないのでしょうか?

理由は、おそらくギャンブルに対するマイナスイメージが強いからでしょう。

実際には海外のオンラインカジノなどにアクセスしてネットでギャンブルをしている人も多かったり、繁華街などで隠れて営業している裏カジノといわれる店舗などでも人の出入りは多かったりします。

カジノ=ギャンブルという考え自体は間違いではありませんが、実際の合法力ジノを見たら、その想像は大きく覆されるに違いありません。

荘厳ともいえる華麗で、広々とした施設、イカサマや不正は法律で厳格に取り締まられ、すべてのテーブルにカメラが取りつけられた厳しい監視体制、ディーラーに渡されるチップでさえすべて回収されるシステマティックな仕組み。

何よりゲスト(お客)たちの余裕のある楽しげなプレイスタイルは、多くの日本人が想像するカジノのイメージとはかけ離れていることでしょう。

このサイトでは力ジノの知識がない人たちに向けて、基本的なマナーやタブー、基礎知識から各ゲームの遊び方までをわかりやすくまとめました。

日本カジノ解禁直前の知識として、また海外の力ジノを訪れても気おくれせず、その独特の雰囲気や文化を楽しむために、まずは基本的な情報を身につけてはいかがでしょう。

 

 - 世界のカジノ