バカラ(Baccarat)勝負のポイント・楽しみ方①

      2016/07/11

baacara


勝負は最初から決まっている?

これまで見てきたように、バカラは最初に配られたカードの点数によって、次を引くか引かないかが厳密に決められており、選択権はプレイヤーにありません。

ディーラーが最初にカードをシャッフルして、お客がカットをし、カードシューに入れたら、その後は並んだ順番通りにカードが出てきて、プレイヤーには選択権がなくゲームが進行します。

言い換えれば、一度カードシューに入った時点で、プレイヤーとバンカーの勝敗の順番も両者の点数もすべて決まっているということです。

ブラックジャックのように、ゲームの途中で「ヒットしょうか」「スタンドするか」などと迷う楽しさは味わうことはできません。

ただひたすら出てくる目を予想し、カードをめくるときに「5以上のカード、出るなよ」「A来い!」などというワクワク感を楽しむゲームなのです。

 

勝率はバンカー有利

バカラは、基本的にはプレイヤーとバンカーのどちらが勝つかを当てるゲームですが、勝率は50%50%ではありません。

これは、カードを引く条件が異なるためで、統計上、バンカーのほうがわずかに勝率が高くなっています。

つまり、バンカーに賭け続けたほうが有利なのです。

そのアンバランスを均等にするために、カジノはバンカーに賭けて勝ったときにコミッション(手数料)を徴収しています。

コミッションの徴収スタイルは主に「差し引き型」と「累積型」の2種類がありますが、オセアニアのカジノを中心に「バンカー6型」というスタイルも主流になりつつあります。

 

バカラを面白くする「スコアカード」

バカラはシンプルなゲームですが、一方でカジノでは大変人気があり、熱狂的なファンも非常に多いです。

バカラの楽しみ方のひとつは、ゲーム結果を記入する「スコアカード(出目表)」の利用です。

これは、特につけてもつけなくてもよいものですが、出た自を自分で記入して次のゲームの予想、に使うという行為が、ゲームの楽しさを増してくれます。

ここで、スコアカードのつけ方を簡単に紹介しましょう。

特に書き方に決まりはありませんが、プレイヤーの勝ちを「◯」、バンカーの勝ちを「●」、引き分けを「/」などの簡単な記号を使ったり、勝ち点を書くなどして、プレイヤーとバンカーが何連勝しているかを記入する形が多いです。

なかには、何点対何点まですべて書く人もいます。

ちなみに、バカラでは数千万円の単位で賭ける客(ハイローラー)も少なくありません。

カジノ側は、こうしたハイローラーにVIPルームを用意したり、テーブルを貸切にしたりしますが、こういう人たちも付き人にスコアカードを記入させて「次は何の目がきそうか」と真剣に相談している光景が見受けられます。

スコアカードが、いかにバカラを楽しむためのツールとして用いられているかがわかることでしょう。

 

 - ルール・賭け方・勝負のポイント ,